寿命のある給湯器を交換する時期|専門業者に依頼しよう

10年くらいが目安です

給湯器

不満が有れば性能アップも

お風呂やシャワーで、ほとんど毎日の様に頑張ってお湯を出してくれる給湯器なのですが、やはりいつか寿命は来てしまいます。もちろん使い方にもよるのですが、給湯器の寿命は10年から15年くらいと言われていますので、10年過ぎたあたりから注意をした方が良いでしょう。10年過ぎるといっけん調子が良く使えていたとしても、ある時に突然壊れて寿命を迎えるという事にもなりかねません。そろそろ寿命かなと感じる時期になったら業者に来てもらって、給湯器の点検をしてもらっておくというのも一つの方法でしょう。また10年過ぎたら、給湯器を変えるという事も頭にいれておかないといけませんので、どういったものを選ぶのかも考えておいた方が良いでしょう。もし今現在使っている給湯器に不満を感じているのであれば、選び方によってはその不満を解消出来る場合もあります。例えば風呂に湯が貯まるのにやたら時間がかかると感じているのなら、給湯器の号数を上げてお湯の出る量を増やすことも可能です。また湯はりや追い焚き、足し湯、保温などを全て自動てやってくれる、お任せフルオートの給湯器を選ぶといった事も出来ます。給湯器を選ぶ際には、型番などで調べるというのはちょっとむずかしい部分が有りますので、業者に選んでもらうのがおすすめです。どれくらいの性能で、どういう機能を持った給湯器にしたいという事を伝えれば、その希望にきちんと見合ったものを選んでもらえるはずです。

家

長期使用する設備の検討

給湯器の交換は工事費用含めて10万以上は費用が発生する設備であり、販売業者からの見積りの本体価格に対する値引き率と工事実績及び、アフターメンテナンスと保証期間を確認して選定した方が良いと言う事です。各販売業者の実績から相場価格を確認して選ぶ事がポイントになります。

給湯器

暮らしの必需品

ガス給湯器は暮らしの必需品です。お風呂やキッチンでの給湯はもちろん、お風呂の追い炊き、温水床暖房など様々な機能を持っています。最近ではエコタイプのガス給湯器が販売されており、省エネ性が高く、注目を集めています。各家庭にあった給湯器を設置しましょう。

リモコン

自分では難しいです

給湯器は突然、故障する場合も多いものです。このため、故障をしたらすぐに専門の業者に依頼をしましょう。すぐに修理や交換ができる場合と数日間使えない場合とがあるため、予め代替え案なども考えておくと安心です。