寿命のある給湯器を交換する時期|専門業者に依頼しよう

暮らしの必需品

給湯器

家庭にあったものを選ぼう

日頃、あまり馴染みのないガス給湯器ですが、生活においての必需品です。お風呂に入るため、キッチンでお湯を使うためなど、毎日使っていますがガス給湯器の本体自体は、屋外やベランダなどに設置されています。そのため、あまり目に触れる機会がありません。ガス給湯器の耐用年数は8〜10年と言われており、毎日使用するものなので定期的にメーカーに点検を依頼することも大切です。またガスを使うものであり、3年に一度のガス会社による定期点検のチェック項目でもあります。各家庭によって利用用途は異なりますが、ガス給湯器の種類は様々で、給湯専用のもの、追い炊きができるもの、温水床暖房が使えるものと分かれています。また家族の人数、使用場所の数、お風呂とキッチンを同時に使用するかなど、使用用途によってもパワーが異なるため、設置する号数なども変わってきます。これらは給湯器の取り付けを専門とする業者に依頼をすると各家庭に取り付け可能な商品で、見積りを出して貰うことができます。最近ではエコタイプの給湯器が人気です。今まで捨てられていた排気熱を再利用し、あらかじめ水を温めます。そのため従来よりも少ないガス量で効率よくお湯が沸かせるようになりました。年間で15,000円前後のガス代が節約できるとされており、省エネ性が高く、注目を集めています。従来のガス給湯器よりも設置費用が高額にはなります。しかし、寿命が8〜10年とされている商品のため、長い目で見た場合にエコタイプを選ぶとお得という結果になります。各家庭により設置できるガス給湯器が異なるため、きちんと見積りを取り、自宅にあったガス給湯器を選びましょう。